成長因子療法 (幹細胞培養上清液治療)

成長因子療法について

  • 様々な成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが豊富に含まれる幹細胞上清液を用いて、病的老化や各種疾患・体調不良の予防、改善を目指します。

成長因子療法について

再生医療とは、様々な原因で傷ついたり、欠損したり、機能が低下した体の組織や臓器を、体内から取り出した細胞や組織を培養増殖させたり加工して移植することにより、再生・修復を目指すものです。京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞には大きな期待が寄せられ世界中で精力的に研究が進められていますが、課題も多く実用化の段階に達しているのは未だほんの一部にすぎません。
一方で、iPS細胞とともに注目されている間葉系幹細胞(脂肪、乳歯髄、臍帯、骨髄などに含まれる幹細胞)を用いた再生医療は実用化が進んでおり、様々な領域や疾患の治療成果が国内外から報告されてきています。また、こうした間葉系幹細胞の治療とともに、培養の際にできる上清液(上澄み液)には多くの成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが含まれており、幹細胞に匹敵する治療効果が見込まれることや、安全性の高さからそれを用いる治療も注目されています。
当クリニックでは、脂肪・乳歯の歯髄・臍帯由来の幹細胞培養上清液を用いて、病的老化や様々な病気・体調不良の予防、改善を目指します。
尚、本治療については、法令を遵守し、インフォームドコンセントを得た上で、実施いたします。

成長因子療法について

  • 様々な成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが含まれる幹細胞上清液を用いて、病的老化や各種疾患・体調不良の予防、改善を目指します。

再生医療とは、様々な原因で傷ついたり、欠損したり、機能が低下した体の組織や臓器を、体内から取り出した細胞や組織を培養増殖させたり加工して移植することにより、再生・修復を目指すものです。京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞には大きな期待が寄せられ世界中で精力的に研究が進められていますが、課題も多く実用化の段階に達しているのは未だほんの一部にすぎません。
一方で、iPS細胞とともに注目されている間葉系幹細胞(脂肪、乳歯髄、臍帯、骨髄などに含まれる幹細胞)を用いた再生医療は実用化が進んでおり、様々な領域や疾患の治療成果が国内外から報告されてきています。また、こうした間葉系幹細胞の治療とともに、培養の際にできる上清液(上澄み液)には多くの成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが含まれており、幹細胞に匹敵する治療効果が見込まれることや、安全性の高さからそれを用いる治療も注目されています。
当クリニックでは、脂肪・乳歯の歯髄・臍帯由来の幹細胞培養上清液を用いて、病的老化や様々な病気・体調不良の予防、改善を目指します。
尚、本治療については、法令を遵守し、インフォームドコンセントを得た上で、実施いたします。

幹細胞培養上清により期待される効果

幹細胞が産生する各種成長因子、サイトカイン、エクソソームなどが作用するとともに、体内の様々な臓器·組織の幹細胞が活性化されることによる以下の効果が期待されます。
  • 抗炎症作用 ⇒ 炎症部位の治癒促進、疼痛軽減など
  • 血管再生・血管新生作用 ⇒ 動脈硬化性疾患の予防・改善、EDの改善
  • 活性酸素消去作用 ⇒ 疲労回復、生活習慣病の予防改善、酸化・糖化の抑制
  • 免疫増強作用 ⇒ 抗腫瘍効果、感染症の予防・治癒促進
  • 免疫調整作用 ⇒ アレルギー疾患の改善、自己免疫疾患の改善
  • Heat Shock Protein(HSP)産生作用 ⇒ 抗腫瘍効果
  • 神経細胞修復・再生作用 ⇒ 脳血管障害の予防改善、脊髄などの神経系損傷改善、認知症、 パーキンソン病などの脳疾患予防・改善
  • 骨再生作用 ⇒ 骨粗しょう症、歯肉炎の予防改善(歯槽骨の再生)
  • コラーゲン産生、構造修復作用 ⇒ 美容効果
  • エクソソーム効果 ⇒ microRNAなどによる抗腫瘍効果、抗炎症効果
  • 体内の各種幹細胞分化促進作用 など

これらの効果については、研究段階のもので、臨床的効果が説明されたものではありません。

ページトップ