成长因子疗法(干细胞培养上清液治疗)

关于成长因子疗法

  • 目标是通过使用富含各种成长因子、细胞因子和外泌体的干细胞上清液,达到对病理性衰老、各种疾病和身体状况不良的预防改善的作用。

成長因子療法について

再生医学是指对人体内采取出的细胞和组织加以培养增殖的加工,再移植至因各种原因损伤而造成功能丧失或降低的人体组织器官上,从而完成再生和修复的功能。京都大学山中伸弥教授开发的iPS细胞正被全世界寄予厚望并加以大力研究,课题在多种实用化阶段稳步推进,有望在未来做出重大贡献。
另一方面,与iPS细胞引发共同关注的使用简叶性干细胞(脂肪,乳齿髓,脐带,骨髓等中所含的干细胞)的再生医疗,目前也在实用阶段大力推进,国内外已有多数报道显示已在各种领域和疾病中获得了显著治疗效果。此外,在简叶性干细胞治疗的同时,培养过程中产生的上清液中包含的大量成长因子,细胞因子,外泌体等,有望获得与干细胞相当的治疗效果。其高安全性也是该项治疗备受瞩目的一大要点。
本诊所的目标是,使用源自脂肪、乳齿髓、脐带由来的干细胞培养上清液,用以预防和改善病理性衰老,各种疾病和身体状况不良。
本治疗严守法律,将在获得知情同意的前提下进行治疗。

成長因子療法について

  • 様々な成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが含まれる幹細胞上清液を用いて、病的老化や各種疾患・体調不良の予防、改善を目指します。

再生医療とは、様々な原因で傷ついたり、欠損したり、機能が低下した体の組織や臓器を、体内から取り出した細胞や組織を培養増殖させたり加工して移植することにより、再生・修復を目指すものです。京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞には大きな期待が寄せられ世界中で精力的に研究が進められていますが、課題も多く実用化の段階に達しているのは未だほんの一部にすぎません。
一方で、iPS細胞とともに注目されている間葉系幹細胞(脂肪、乳歯髄、臍帯、骨髄などに含まれる幹細胞)を用いた再生医療は実用化が進んでおり、様々な領域や疾患の治療成果が国内外から報告されてきています。また、こうした間葉系幹細胞の治療とともに、培養の際にできる上清液(上澄み液)には多くの成長因子やサイトカイン、エクソソームなどが含まれており、幹細胞に匹敵する治療効果が見込まれることや、安全性の高さからそれを用いる治療も注目されています。
当クリニックでは、脂肪・乳歯の歯髄・臍帯由来の幹細胞培養上清液を用いて、病的老化や様々な病気・体調不良の予防、改善を目指します。
尚、本治療については、法令を遵守し、インフォームドコンセントを得た上で、実施いたします。

干细胞培养上清的预期效果

干细胞产生的各种生长因子,细胞因子,外泌体等发起的作用,可使人体多种器官及组织的干细胞发生活性化,有望产生下列效果。
  • 消炎作用 ⇒ 促进发炎部位的愈合,减轻疼痛等
  • 血管再生·血管生成作用 ⇒ 预防和改善动脉硬化疾病,改善ED
  • 活性氧清除作用 ⇒ 恢复疲劳,预防和改善与生活习惯病,抑制氧化和糖化
  • 增强免疫力 ⇒ 抗肿瘤作用,预防传染病,促进治愈/li>
  • 免疫调节 ⇒ 改善过敏性疾病,改善自身免疫性疾病/li>
  • 产生热激蛋白(HSP) ⇒ 抗肿瘤作用
  • 神经细胞修复·再生 ⇒ 预防和改善脑血管疾病,改善脊髓等神经系统损伤,预防和改善痴呆症、帕金森病等脑部疾病
  • 骨再生 ⇒ 预防和改善骨质疏松症和牙龈炎(牙槽骨的再生)/li>
  • 产生胶原蛋白,结构修复效果 ⇒ 美容效果
  • 外泌体效果 ⇒ microRNA等的抗肿瘤和抗炎症作用
  • 促进人体各种干细胞的分化 等

上述目前处于研究阶段,并非临床作用的说明。