医療法人 美健会の特徴

特徴

  • 抗加齢(エイジングケア)治療

    抗加齢治療とは、病気を治療するだけでなく、病気にならないように予防する医療です。 超高齢社会が進むこれからの時代は、病気になる前の予防に力を入れ、歳を重ねても人の手を借りずに健康に過ごすことができる健康寿命を伸ばすことが大切になります。 そのため、当グループでは従来型の健康診断では足りない部分、補えない部分について、いろいろな角度から検査や治療を行うことで、健康寿命を伸ばし若々しい心身を保つサポートをしています。

  • 成長因子療法

    病気やけがで機能を失ったり、低下した組織や臓器などを従来の治療法ではなく、体の中に眠っている細胞の再生能力を利用することで傷んだ部位を修復し、病気や症状の改善を図る治療です。現在は、脂肪幹細胞などの間葉系幹細胞由来の培養上清液を用いた治療を行っています。

  • がんの新しい医療

    がんの標準医療には、手術・化学療法・放射線療法の3大療法があります。しかし、それで十分な効果を得られない場合も多々あります。 そのため、当グループでは第4の手段として、がんのリスクや超早期のがんを検査で見つけ、光免疫療法などで対処するという、エビデンスに基づいた効果の見込みが高いものを、がんの新しい医療として提案しています。 がんのリスクの高い人、まだ目に見えないがんの芽を見つけることで早期に対処することができます。また、血液検査で遺伝子情報を解析し、がんなどの病気にかかるリスクや遺伝的体質などを調べることもできます。 自分の遺伝子や血中内の状態からかかりやすいがんの傾向を知ることで、生活習慣や環境の改善を行い、病気の予防に繋げることが健康的な生活を送る上で重要になります。 標準3大療法で効果が出ない方、今の治療では心配な方は、いつでもご相談ください。 現在の治療をやめることなく、並行した治療をご提案させていただくことが可能です。

ページトップ